日本の色辞典

息抜きに、手に取り眺める本の一冊に『日本の色辞典』(紫紅社)がある。
日本の伝統色を中心に400色近くの色について、色票、色名、由来等が解説してある辞典である。
赤色系の色だけで90色近くあり、微妙に異なるそれぞれの色にそれぞれ趣のある名が付けられている。
日本の風土に根ざした色は、淡い色合いが多く、目にも心にも心地よい。
この国では、古えより、自然の微妙な変化による色の移ろいを繊細に感じ取り、詩に詠い、衣に染めてきた。
先人達の鋭い観察力と感性溢れる表現力にあやかりたいと思う。
前へトップページ次へ | RF | 2007/10/19