伊勢神宮

伊勢神宮の神殿は、20年ごとにすぐ隣の敷地に作り直す。
これはもう1300年間続けられていることで、次は平成25年の予定。
しかし、その行事は2年前からすでに儀式が始まっているという。
唯一神明造という日本最古の建築様式で、屋根は茅葺で、全て直線で構成されている。
樹齢1000年にも及ぶ木々の森に囲まれ、その神々しさは、空間に強い緊張感を与えている。
時が流れ、あらゆることが変わって行くが、ずっとその精神が残って行く強い空間もある。
前へトップページ次へ | MY | 2007/10/ 9