コンサートホール

コンサートへ行った。箱自体の性能や意匠は良いのだが、ホールまでの道程、アプローチ、ホワイエを含め、席に至るまでの全ての過程があまりにも無残だ。
かつて訪れたヨーロッパのオペラハウスやコンサートホールでは、非日常的な時間へ入り込んでいくための空間的な演出が街区レベルから用意されていたし、観客もどのように振る舞い、臨むべきか、その術を心得ていた。箱は既に飽和状態で造られる数は少なくなるだろうが、今後はもう少しトータルに計画するべきである。
前へトップページ次へ | YA | 2007/11/19