『ストーカー』

アンドレイ・タルコフスキーの『ストーカー』という映画を見たことがある。
1979年に公開されたSF映画である。
『ゾーン』と呼ばれる謎の場所へ行けば、人間の切実な悩みが叶う。しかし
『ゾーン』へ行って生きて帰ったものはいない。
ここでいうストーカーとは、『ゾーン』と呼ばれる謎の場所への案内人のことであり、
その案内人も、部屋に入ったことはない。
物語は『ゾーン』へ向けて展開されていく。
画面に出てくる映像は、廃墟でありながら美しい。
タルコフスキー独特の映像美があり、今となっても様々なシーンの残像が
残っている。
前へトップページ次へ | MT | 2007/11/18