色の意味

数年前、公衆トイレを利用したとき、間違って女性用の方に立ち入ってしまったことがある。
入口付近の水色のタイルを見て、男性用と思い込んで入ってしまったのであった。
このトイレは、男女ともに水色のタイルであった。
男は青、女は赤という使い分けは強固なもので、この色を入れ替えると、結構な割合の人が間違えてしまうという実験結果がある。私も、間違える側のひとりであるようだ。
このほかにも、色には様々な意味が付与されている。
それらはほとんど意識しないレベルで、我々の活動を制御している。
そのため、その秩序が崩れると、活動の秩序も崩れてしまう。
設計においても、防災関係には、色が決められているものが多い。
前へトップページ次へ | TT | 2007/12/ 8