隠すこと、見せること

実家のトイレの床がたわみだした。合板がだめになってしまったらしい。すり足で歩くと根太ピッチがわかるほどにはっきりとたわむ。
実家のトイレは20年ほど前に改築してつくった部分である。
踏んだ限りでは根太には問題無いとなると、木自体が腐っているのではなく、
合板の接着剤がだめになり、層状にはがれてしまっているのではないかと想像する。
表面のクッションフロアはまだまったく問題無い。
どんな合板を使っているのかわからないし、厚さもわからない。トイレを解体するときには、ぜひ見ておきたい。

シロアリ被害にせよ、今回のトイレの床にせよ、傷みだしていることが早めに確認できないのは問題である。
早く気付き、早く対処したほうが、長く使い続けることができる。
清潔感を維持するためには、表面に長持ちする材料を使うことであるが、それは一方で、修復すべき傷みを覆い隠すことになる。

排水管の中には、ネズミや虫が棲んでいたりする。
排水口の奥のトラップで彼らが住居の中に侵入してこないようにしているのであるが、言わばくさいものにふたをしているのである。
同じことを壁や床でも行なったりするのだが、結果としてシロアリ被害に気付けない事態を招く。

例えば、キッチンの下の収納にゴキブリがいることはよくある話である。
これは、ものが多くて隠れる場所として最適だからである。
収納にものをあまり入れず、収納の扉もつけなければ、ゴキブリはそこに棲みつかない。隠れられないからである。

不潔な部分も陽光にさらすことで、むしろ清潔になるという考え方もできそうだ。

どこまでを覆い隠し、どこからは目に入るようにしておくのか。
そんな観点から建物について考えてみるのもおもしろい。

前へトップページ次へ | TT | 2008/2/ 9