国連本部ビル(ウォレスK・ハリソン、ル・コルビュジェ他)

ツアーに参加し、会議場や国連の活動をガイド付きで案内してもらい、見学することができた。

コルビュジェの基本計画によって作られており、低層の議会棟と、39階建ての高層の事務棟から構成される。

議会棟のエントランスホールは、V字型の通路を前に、4層吹き抜けとなる大空間で、前面の外壁は光を透過し、やわらかな光が入ってくる。

会議場も国連の本部だけあって、巨大な空間となっており、そして風格がある。

前へトップページ次へ | MY | 2008/2/19