R1301RHYTHM

R1301RHYTHM(日比生寛史設計)を見た。
地下1階、地上4階の集合住宅である。特筆すべきはその形態にあり、正面から見ればジグザグに一筆書きのようなRCの壁が床になり、天井となって上まで繋がっていく。柱、梁がなくシンプルな構成がダイナミックな空間をつくりだしている。
(SF/08/03/06)
前へトップページ次へ | SF | 2008/3/ 6