福武ホール

東京大学・福武ホール(安藤忠雄設計)をみた。
キャンパス内の道路と平行に30センチはある壁が鋭く立っている。
その壁をはさんで地階への階段があり、その向こうに事務スペースである。
建物が道からセットバックしていることもあり、建物の高さは低く抑えられているように感じる。
RCの壁と建物の間の地階の穴はこの建物に奥行きをあたえている。壁には横長のスリットがあり
前を行きかう人々の胸部がみえる。
(SF/08/04/10)
前へトップページ次へ | SF | 2008/4/10