多摩美術大学附属図書館

多摩美術大学附属図書館を訪れた。伊東豊雄事務所による話題作だ。

この建物においては、天井を張ることを極力避けるために、ほとんどの設備は床に埋められている。
柱とスラブがコンクリート打ち放しになることで、素材や要素が絞られ、より純粋な印象の内部空間が実現されている。

メインファサードにおいても窓枠が省略され、ここでも要素の数が絞り込まれている。
窓枠が必要になるような、開閉する窓はすべて裏側に配されており、表側はすべてFIXである。

一見すると、ニュートラルな箱のような印象を与える建物であるが、

そう見せるために、設備類をはじめとし、入念に工夫してある。

前へトップページ次へ | TT | 2008/4/19