グレン・マーカット展

現在、ギャラリー間では「グレン・マーカット展」が行われている。オーストラリアの建築家で2002年のプリツカー賞受賞者。日本では初の展覧会である。

オーストラリア大陸という伸びやかな大地に相応しい、自然に馴染んだ建築は、なぜか日本の建築につながる様相をしている。それは木造の建物が多く、木ルーバーなどを用い、また開口を大きく取っていることやガルバリウムの屋根や壁などの軽さからくるのだろう。

独立して40年経つ今でも、一人の所員も置かず、建築はその地の気候風土に根ざしたものでなければならないという観点からオーストラリア以外の依頼は全て断っているという。建築家として、人として敬意を表する。

 

http://www.toto.co.jp/gallerma/ex080612/index.htm


 

前へトップページ次へ | MY | 2008/6/24