季刊d/SIGN

太田出版から、「季刊デザイン」という雑誌が出ている。表紙の表記は「d/SIGN」で、これでデザインと読ませる。
基本的にはブックデザイン、タイポグラフィを中心に、デザイン一般を扱う雑誌である。
特徴は、しぶとく思想する点にある。
編集には戸田ツトム、鈴木一誌らが参加しており、雑誌自体がかなり凝った紙面構成になっている。
毎回おもしろい特集を組んでいるのだが、今回の特集は「廃墟と建築」。
特集監修に中谷礼仁を迎え、記事の方は、磯崎新、塚本由晴、松山巌、鈴木了ニ、山本理顕、、。
一方で、建築関係ではない執筆者も、「廃墟と建築」に関わる記事を連ねる。

結果として、かなりマニアックで広がりのある特集が実現されている。
いま、一番熱い雑誌のひとつであろう。

前へトップページ次へ | TT | 2008/7/19