建築の資産価値

あるコラムに建築の経済的価値についての記述があった。
日本では建築の資産価値は10数年間でほぼゼロになってしまう。
どれだけすばらしい建築であろうと関係ない。築年数による査定しか出来ない
経済の仕組みが、いかに日本の町並みを変えているのかというのだ。
古い建築は触覚や嗅覚などでも楽しむことが出来る。
建築が芸術として評価されるようになるためにも建築家として中途半端なことは
出来ないと改めて思う。
(SF/08/07/24)
前へトップページ次へ | SF | 2008/7/24