2008年8月アーカイブ

[ より厳格な重心 ]
堀部安嗣氏は、益子アトリエの出身者である。益子義弘氏の「重心」の考え方は、彼にも受け継がれているようであるが、益子氏が緩やかな空間を構成するのとは対照的に、堀部...
続きを読む | TT | 2008/8/30
[ 反射 ]
ガラスに対して、光は透過もするし反射もする。建築の外部に用いれば、外からは透けて見える内部と、まわりの風景を写しこんだ像とが重なって見える。見るものとの間には...
続きを読む | AO | 2008/8/27
[ グッドデザインエキスポ2008 ]
「グッドデザインエキスポ2008」が東京ビッグサイトにて8/22~8/24まで開催された。グッドデザイン賞はあらゆる分野のデザインを対象としており、身近な携帯電...
続きを読む | MY | 2008/8/26
[ 住宅の重心 ]
益子義弘氏は、部屋、あるいは住宅全体を設計する際に、「重心」という言葉を使う。皆のよりどころとなるような、意識の上での重心のことである。一人であろうと、大勢であ...
続きを読む | TT | 2008/8/23
[ フレームレス ]
建物を美しく見せる上でディデール(納まり)は重要である。たいていの場合、少ない要素で構成されているほうがシンプルで美しい空間である。建具の枠一つとってもフレーム...
続きを読む | SF | 2008/8/21
[ 鉄筋不足 ]
25年前の鉄筋不足で作業員が死傷したというニュースをみた。改修作業中に作業員がのっていたふたが崩落して起こった事故だ。原因はコンクリート製の受け枠に鉄筋がはいっ...
続きを読む | AO | 2008/8/20
[ 北京 ]
オリンピックで賑わう北京。その会場はヘルツォーク&ド・ムーロン設計のメインスタジアムを筆頭に、PTWアーキテクツ設計の北京国家水泳センター、またレム・コールハー...
続きを読む | MY | 2008/8/19
[ カフカの「城」 ]
カフカの「城」を読んでいる。この中に、たびたび不思議な描写が出てくる。 ある人が、思いのほかに遠くまで歩いていってしまっていること。ある人が、いつの間にか、あた...
続きを読む | TT | 2008/8/16
[ 省エネ住宅 ]
先日、住宅メーカーが省エネ住宅を本格展開していくというニュースをみた。ここでいう省エネ住宅とは太陽光発電装置や燃料電池を備えた住宅を指す。政府の補助金再開や原油...
続きを読む | AO | 2008/8/13
[ オランジェリー美術館 ]
モネの睡蓮で有名なパリのオランジェリー美術館はリニューアルオープンまでに6年もの長い工期がかかった。それは地下室の拡張工事の際に遺跡が出てきたため何年も工期が延...
続きを読む | MY | 2008/8/12
[ 平安神宮 ]
平安神宮を訪れた。明治時代に、平安遷都1100年を記念して創建された、歴史の浅い神社である。巨大な鳥居、まっすぐ通った中央の軸線、左右対称の建物、広大な広場、、...
続きを読む | TT | 2008/8/ 9
[ 風景の中にある建築 ]
日本では「建物が建っていない風景が美しい」という考えがあると思う。そういった中では、どうやって建物を風景に溶け込ますかを必死になって考える。しかし一方で、断固と...
続きを読む | SF | 2008/8/ 7
[ 居場所 ]
堀部安嗣氏の居場所の感覚という文章を読んだ。建築の配置を考える際、示唆に富む内容だった。砂浜にパラソルをたてるときどこにたてるか。花見の席でも、どこに陣取るか。...
続きを読む | AO | 2008/8/ 6
[ グッドデザイン賞 ]
「グッドデザインエキスポ2008」が東京ビッグサイトにて8/22~8/24まで行われる。 この展示会ではグッドデザイン賞の一次審査を通過したものが展示され、審査...
続きを読む | MY | 2008/8/ 5
[ 露地について ]
先日、初めて茶室の露地を歩く機会を得た。話には聞いていたが、驚くほど作為に満ちた、密度の高い空間であった。その作為のかなめに、飛石があると感じた。  ...
続きを読む | TT | 2008/8/ 2