鉄筋不足

25年前の鉄筋不足で作業員が死傷したというニュースをみた。
改修作業中に作業員がのっていたふたが崩落して起こった事故だ。
原因はコンクリート製の受け枠に鉄筋がはいっていなかったこと。
設計図書にはあった鉄筋が入っていなかったとのことだ。
主体構造部ではない箇所での監理、施工上のミスが
人命を奪う事故につながった。
簡単に防げたミスだろう。
このようなことが起こらないよう
事故から真摯に学ばなければならないと思う。
前へトップページ次へ | AO | 2008/8/20