省エネ住宅

先日、住宅メーカーが省エネ住宅を本格展開していくという
ニュースをみた。
ここでいう省エネ住宅とは太陽光発電装置や燃料電池を備えた住宅を指す。
政府の補助金再開や原油の高止まりを背景に需要が見込めるのだろう。
ただそれらの装置をつければ省エネ住宅のできあがりというのは、
いかにもメーカーの論理だ。
機械に頼らないでくらせれば、それがなにより省エネになる。
土地の声をきいて、場所と対峙する。
風通しをよくする。
夏の日射を遮りながら採光を確保する。
冬の日射をたっぷり取り込む。
その場所の固有の価値を最大限発揮できるようにデザインすることが何より大事なことだと思う。
前へトップページ次へ | AO | 2008/8/13