安藤忠雄展

ギャラリー間では安藤忠雄展「挑戦-原点から」が行われている。
住吉の長屋が1/1スケールで再現されている。基本的には合板によるボリューム模型だが、外壁や階段などは実際のコンクリートや玄昌石で作られている部分もあり、流されている映像や写真と比較しながら見ることによって、よりリアリティーがある。
実際にその空間を体験して、やはりリビングやDKはとても小さく感じられる。インテリアを配置すれば、その小ささはより強調されるだろう。しかし、外部である中庭も部屋の延長として捉え、リビングやDKは中庭も含めた奥行きのある1室のLDKという捉え方も出来る。同じ空間でも捉え方、使い方次第でそれは大きく変わる。

 

 

 

前へトップページ次へ | MY | 2008/10/28