あかり

現代には暗がりがないと言われる。
家庭でもオフィスのように隅々まで明るい。
町にでても、足元がはっきりしない暗がりなどまれだ。
家の中のどこででも本を読めるのは便利であるが、
あかりについて無意識になる。
家の中でもあかりの種類をかえてみると、
部屋の雰囲気もがらっとかわる。
ろうそくの置いてあるレストランのように
安らぎのある雰囲気をつくるあかりがある。
画一的な蛍光灯にはないあかりのおもしろさに
もう少し意識的になるべきだろう。
前へトップページ次へ | AO | 2008/11/ 5