都市は成長する

給水方式は直結方式と貯水槽方式に大きく分けられる。

直結の場合、小規模の建築もしくは増圧ブースターポンプを設けるかであるが、ポンプを設けてもくみ上げられるのはせいぜい13階程度までであった。
地域によっては本管の水圧が低下する為ポンプを認めていない場合もある。

東京ではポンプを直列に繋ぎ高層の建物に給水できるようになる。(2009.2.2以降の申込みより開始)
インフラの整備が建築を軽量化させ、更なる都市化を促進させる。
前へトップページ次へ | ST | 2008/12/16