なわばり

動物行動学の基本的な概念に「なわばり行動」がある。
そのもっとも重要な機能は、
個体間の空間をあけることにあるそうだ。
外敵からの防御、食料の確保といった生存にかかわる側面に
理由を求めることができるだろうが、
動物の本能にインプットされている行動原理なのだとおもう。
それは、人間にも共通することで、
身の回りの環境の過剰利用に対して反応する本能があるように思う。
動物行動にはひとの環境を考える際のヒントがたくさんあるようだ。
前へトップページ次へ | AO | 2009/1/28