「地べたで再発見!東京の凸凹地図」

「地べたで再発見!東京の凸凹地図」という本がある。文字通り、東京の地べたの凸凹に特化した地図である。
地図を3Dメガネで見て、凸凹を視覚的に実感できるようにつくられている。
土地の多くの高低差は、川が土地を削ってつくられたものであるらしく、低くなった場所は、溝として細長く伸びている。
渋谷などは川が幾筋か複雑に流れているため、起伏も複雑になっている。
道路もまた、川にそってつくられているため、複雑な道路網が形成されている。
そういったことが見て取れる本である。
前へトップページ次へ | TT | 2009/1/17