プリツカー賞

プリツカー賞

2009年のプリツカー賞はピーターズントーが受賞した。
商業主義には目もくれず、自分のスタイルを貫き通し、孤高の建築家とも称されるが、
素材のリアリティさの追求や、繊細な収まりなどきわめて洗練された建築をつくっている。
特に木や石といったなじみのある素材を多用しており、日本人が共感できる部分が多い。
(SF/09/04/02)

前へトップページ次へ | SF | 2009/4/ 2