坂の上の雲ミュージアム

坂の上の雲ミュージアム(安藤忠雄設計)を訪れたことがある。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」にまつわるものだけでなく、市民の発表の場として解放されていて良い。
スロープ(坂)で2階へアプローチし三角の建物をぐるぐる巡るように設計されている。
1階には一般の人が入れないバックヤードとなっていて、建物を宙に浮かせたような形となっている。
傾いた壁が多用されているためスケールが掴みにくく絶妙な開放感を感じる。
前へトップページ次へ | ST | 2009/4/ 7