プロの資格

欧米では建築家個人の作家性や学際性の問題と、実務上の資格・責任・経験の問題とが一体となっているのに対し、日本ではいまだばらばらである。
現在までJIAが中心となり、国際水準に合わせるため建築家としての統一資格制度の整備を試行している。
(実際は難航しているようだ。)

構造・設備一級建築士の関与義務化1ヶ月前である。
Architect(建築家)という資格も近い将来できるかもしれない。

前へトップページ次へ | ST | 2009/4/28