ポラロイド

本年2月21日、ポラロイド社は「8月末をもってインスタントフィルムの製造を中止する」と発表しました。
私達はその決定を聞いて、何かひとつ時代の終焉を告げる木霊のような気がしてなりませんでした。
卒業旅行のあの日。結婚式の友。子供が初めて歩いた日。恋人とのベンチ。親友と笑い合った別離。母の病院。
父との自転車。入学式のスーツ。そして何よりも私達の作品。
ポラロイドフィルムは私達の日常と並走していたように思えるのです。
私達は、消え去るフィルムに「さよなら」を言うために、ここにポラロイド写真を展示することにしました。
ぜひ逢いにいらしてください。

萩原朔美・石井茂・多摩美術大学映像演劇学科
(「さようならポラロイド」展示会案内状より抜粋)

2009年6月16日(火)〜27日(土)
ミナミのギャラリー井上で開催中です。

古きよきものが時代と共に消え行くことはなんとも言い難い
寂しさでいっぱいになる。
休日に見に行こうと思ったが日曜日は休廊で行けなかった。
前へトップページ次へ | ST | 2009/6/16