エコ

「エコ」という言葉を基準として、人々は多くのことを選択している。
では、そもそも「エコ」の本質は何なんだろうか?
そのベースには罪悪感があると感じている。
その罪悪感の原因は快感を選択したからに他ならない。
その罪滅ぼしである。
単純に10の破壊を快感のために選択するより、
同時に「エコ」と唱え、9の破壊の方が快感は大きいのである。
それを知っていても、「エコ」にすがりたい。
私は100年以上の大樹を切る指示をする。でも同じ口で「エコ」を唱える。
自然界、地球の意思だと信じて今日も「エコ」と唱える。

 

ECO (Ecology) [ Sep 8 2009 by ST ]

 

Under the word "Eco" as basic standard,  people make many different selections.
Then, at first, what is the nature of "Eco"?
I feel there basically exists a sense of sin and guilty.
The reason why we feel sense of sin and guilty is because there is nothing but we just select a pleasant feeling.  That is an atonement of sin.
Rather than simply selecting 10 destructions just for pleasure, the   pleasant feeling with 9 destructions while simultaneously saying "Eco" is greater.
Even if we know that, we still would like to depend upon "Eco".
Suppose if I indicate people to cut down over 100 years old tall tree, but, at the same time, I say "Eco" from same mouth of mine.
Even today, we say "Eco" believing that it is the will of nature and earth.
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | ST | 2009/9/ 8