アールトの窓

アルヴァ・アールトの窓はとても人間味がある。
ごく自然に、ひとがそこで過ごす時間が頭の中に浮かんでくる。
そこにきもちのよさそうな居場所がある。
腰窓の足元にはオイルヒーターが設けられて、
その手前には小さな腰掛がある。
観葉植物がおけるようにポットの台も用意されている。
思わず、そこに腰掛けたくなる。
階段室の窓の前にはソファがおかれている。
小さな家族室という雰囲気のスペースになっていて、そこでお茶でもしたくなる。
キッチンの前にも窓があり、調理する手元を照らす。
キッチンわきにはカウンターと同じ高さでテーブルが設けられていて物書きコーナーになっている。
窓に寄り添うように生活空間が展開している。
光が空間をつくる。
それは建築の不変の極意なのだと改めて思う。

 

WINDOW OF AALTO [ Sep 16 2009 by AO ]

 

The window of Alvar Aalto shows much warmer human touch.
The happy time when people spend there spontaneously comes up in my mind.
In there, there is a cozy corner.
At the foot of the window, an oil heater is placed.
In front of it, there is a small chair.  Also, a stand with a pot is arranged so that a foliage plant can be put on it. Unconsciously, we feel like sitting on the chair.
In front of the window of the staircase room, a sofa is laid down. That looks like a space having an atmosphere of small family room, and we feel like drinking tea there. There is also a window before kitchen where throws light on cooking hands. Besides kitchen, a table as high as a counter is placed which makes a corner for writing.
A living space is spread like it leans closer on the window.
Light generates a space. I again think that is an unchangeable essence of architecture.
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | AO | 2009/9/16