椅子

家具の中で、椅子は重要な役割を果たしている。
日本語では「椅子」と呼ぶが、外国語では、ソファ、チェア、スツール、ベンチ等、呼称がたくさんある。
それだけ椅子には多用なかたちと目的があるということだ。
試しに、目的の違う椅子で生活してみると、椅子の重要さがはっきりとわかる。
以前、イームズのラウンジチェアで仕事をしたことがある。
どっしりと、深々とした椅子は、実に気持ちよいのであるが、仕事にはまったく向かないものであった。
目的を間違えると、名作椅子もまったくその本領を発揮できない。
逆に、適切な椅子があるだけで、その場所の居心地はずっと良くなるのだ。
 
CHAIR [ Sep 12 2009 by TT ]
 
Among furniture, chairs play important roles.
In Japanese, it is only called as "chair" in one word, but, in foreign languages, there are many different namings such as "sofa" "chair" "stool" "bench" etc.
This means that chairs have various shapes and purposes.
Just for trial,  if we try to live using chairs having different purposes, we come to understand how important each chair is.
Some time ago, I once worked by sitting on Charles Eames lounge chair.
Massive and soft deep chair was really comfortable but it was not suitable for working.
When we use a chair for wrong purpose, even a chair of famous masterpiece can never show its best value.
In stead, only when we have very appropriate chair, it makes the place much more comfortable.
神戸大阪建築家
前へトップページ次へ | TT | 2009/9/12