「合理」について

「合理」という言葉は、建築設計の場ではとてもよく使われる、便利な言葉である。
しかし一方で、この言葉は、何に対しての「合理」であるのかを明確にしなければ、思考の停滞を招く危険な言葉でもある。
利便性、経済性、美的側面での統一性等、様々な方面からの「合理」が考えうるのであり、それぞれの「合理」は、相反することもたびたびある。
ある側面から見て合理的なものが、別の側面から見るとそれほど合理的でないことは、よくあることである。
この場合、「その側面からの合理を重要視することは合理的であるか」というさらに上位の考え方を採り入れる必要がある。
普段よく使う便利な言葉には、多くの意味を含みすぎて、結果的に意味が判然としなくなっているものが多々ある。新人スタッフはそれを意識していないと、より注意深く思考することができなくなるので、注意が必要だ。
 
RATIONALITY [ Sep 19 2009 by TT ]
 
The word "rationality" is often used at the site of architectural design and this is convenient word.
However, unless otherwise this word "rationality" is made clear for what it is related, it is also dangerous word which invites a stagnation of thinking.
The "rationality" can be considered from various aspects such as convenience, economy, unification of aesthetic side, etc., and it often occurs that each "rationality" reacts adversely each other.
It also happens sometimes that it is rational from one side, but, not rational from the other side.
In this case, it is necessary to adopt the higher level concept such as "is it rational to make much of that side?"
Since the convenient word which is used very often normally includes too many meanings, so, as the result, it sometimes occurs that meaning of the word becomes not clear enough.  Unless fresh staff is conscious of it, they lose the ability to think more deeply, so, more carefulness is needed for that.
神戸大阪建築家
前へトップページ次へ | TT | 2009/9/19