アイ・ウェイウェイ展

森美術館で、アイ・ウェイウェイ展が開催されている。
アイ・ウェイウェイは、中国のオリンピックスタジアムのデザインにも関わった、現代中国の代表的なアーティストの一人である。
比較的ミニマルアートに近い作風であるが、古い工芸品や伝統工芸技術などを素材に使用する点が大きく異なる。
その特長により、多様な解釈を許容し、同時にある種のぬくもりを感じさせる作品に仕上がっている。
会場では、大人から子供まで、皆が楽しそうに作品を眺めていた。
攻撃的なメッセージが込められた作品もあるのだが、そういった作品も含めて、「楽しい」と感じさせてしまうところが、アイの作品の最大の魅力である。
 
AI・WEIWEI [ Sep 26 2009 by TT ]
 
The exhibition of Ai・WeiWei is now being held at Mori Art Museum.
Ai・WeiWei is one of the leading artists in modern China who also has joined in designing Olympic stadium in Peijing.
His work is comparatively closer to minimal art, but, he is much different from other artists in the point of using old craft articles and traditional craft technique as his material.
From his outstanding character, his work is completed by allowing various interpretation and, at the same time, it makes us to feel some kind of warmth.
At the exhibition hall, many people including both children and adults were looking at his works pleasantly and joyfully.
There are some works representing aggressive messages, but, including those works, what makes people to feel "enjoyable" is most charming points of his works.
六本木建築家
前へトップページ次へ | TT | 2009/9/26