二条城

二条城二の丸御殿は徳川将軍の京都の居館として、
3代家光の時代に現存する御殿が建てられた。
地面に近い大屋根が連なる外観は質実な印象を与え、武家の館らしく力強さを感じさせる。
プランは大小異なる6つの棟が雁行して立ち並び、
各棟は周囲に回廊をめぐらして、内に室がとられている。
輪が連なったような動線になっているので、
オモテを迎えられる側の、ウラを迎える側の動線として、
両者が交わることのないプランとなっている。
メインの大広間は執務ゾーンの最も奥に位置し、
将軍の権威と財力をを示す豪華なインテリアで、
日光東照宮に通じる派手さがある。
壁、建具、天井に金色が溢れ、側面の極彩色の松の絵は建具におさまらず、
柱と長押を飛び越えて高天井いっぱいまで描かれる。
権威的で特別なこの室は外部とは切り離されてあるべきもののように感じる。
プラン上は建具を開け放てば壮麗な庭園を眺め、光をふんだんに取り入れることが出来る。
ただ、そこは外界とは完全に切り離された独立した世界であるように思う。

 

NIJOJOU(NIJO-CASLE)  [ Oct 21 2009 by AO ]

 

Ninomaru palace of Nijo Castle was private house of Tokugawa generals in Kyoto ,the existing palace was completed by the third shogun Iemitsu.
The exterior appearance of the palace where big roofs stretch at the place  near the ground provides substantial impression, and it makes me feel  strong power like a samurai house.
In its design plan, six different buildings, small and large, are standing  in a row and each building has corridor around inside of which rooms are situated.
As the circulation which looks like a stretch of rings, the plan was made  so that the circulation on front side does not cross the circulation on reverse side.
Main large chamber is located at the most end of business zone and its has splendid interior showing authority and wealth of shogun which have showy similar to Nikko Tosyougu.
Walls, fixtures, and ceilings are full of golden color. The rich colored picture of pine tree was drawing full way up to high ceiling  ,leaped off   the flame.
On its plan ,when the door opened widely ,one can watch a magnificent garden and shining natural light lavishly. However it seems its would be independent space where separated outside space completely.
六本木計事務所

前へトップページ次へ | AO | 2009/10/21