カノーヴァ美術館

イタリア新古典主義を代表する彫刻家アントニオ・カノーヴァの美術館は
展示構成とあわせてカルロ・スカルパの手による。
展示空間はひとつながりのワンルームだが、
そこに変化に富む空間が生み出されている。
窓のとり方や床の高さ、天井高の変化によって
いくつかの領域に分節されている。
おそらく彫刻ひとつひとつに最適な場をつくり、
またそれらをつなげる空間となっているのだろう。
展示された彫刻群の配置は一見散在していて
ルールが見当たらない。
ただ、ある視点からの見え方を意識して配置されていることが伺える。
それぞれのシーンは光によって次のシーンへ導かれるシークエンシャルな展示構成となっている。
空間と光と彫刻が一体のものとして成立している。
スカルパの真骨頂といえる建築だろう。

 

CANOVA MUSEUM [ Dec 16 2009 by AO ]

 

Museum of Antonio Canova, a sculptor representing Italian Neo Classics, as well as composition of its exhibition, was designed by Carlo Scalpa.
Large exhibition space is only one room but it produces a space with a lot of varieties.
The room is separated by some areas with arrangement of windows, heights of floor and variation in heights of ceiling.
Perhaps, it may provide most appropriate spot for each of sculpture one by one and may make a space by connecting each spot.
The disposition of a group of sculptures looks scattered at a glance but no rules in disposition could be found.
And yet, I could see that the disposition was based on such an intention as how to show each sculpture beautifully.
In such a way as a scene leads to another one by light, it makes exhibition composition sequential.
Space, light and sculptures are well composed in one body.
This may be said to be a quintessence of his architecture.
六本木設計事務所

前へトップページ次へ | AO | 2009/12/16