清水寺

その佇まいはあまりにも美しく、ダイナミックである。
清水の舞台を支える柱はケヤキを使われており、
耐用年数は800~1000年といわれる。
現在のみならず建設時においても、このような長大木材は
入手が困難であったため、清水寺は次世代補修用の植林をしている。
究極のサスティナブル建築はこのように日本にある。

 

KIYOMIZU TEMPLE [ Dec 7 2009 by ST ]

 

The appearance of Kiyomizu Temple is so beautiful and dynamic.
For pillars supporting its stage, the zelkova trees were used and their durability is said to last 800-1,000 years.
Not only at present time, but also at the years of construction, such long and
large timbers are unobtainable, and so, Kiyomizu Temple is planting those trees for maintenance against the next generation..
As such, ultimate sustainable architecture is existing in Japan.
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | ST | 2009/12/ 7