2010年1月アーカイブ

[ 都市空間 ]
ミラノの中心部ドゥオーモ近くには人で賑わう通りがいくつもある。街区いっぱいに軒をそろえて建物は並び、とくに広場に面する場合は豪華さを競うようにファサードは装飾...
続きを読む | AO | 2010/1/27
[ ブリオン家墓地 ]
カルロ・スカルパの代表作ブリオン家の墓地はヴェネチアから1時間ほどの小さな村にある。ミッドセンチュリーのデザインで知られる家電メーカーブリオン・ウ...
続きを読む | AO | 2010/1/20
[ 東京の坂 ]
東京の街には坂が多い。一見ランダムに現れるこれらの坂は、川によってつくられたものである。何本もの川が平野を複雑に流れ、地盤を深く削り込んだために、平野に何本もの...
続きを読む | TT | 2010/1/16
[ 人の集まり ]
神社を訪れたら、結婚式をやっていた。普段のその場所は、あっけらかんとした広場であるが、大勢の人が集まり儀式が執り行われることで、その場所の空気は一変する。和楽器...
続きを読む | TT | 2010/1/16
[ マグナム・フォト ]
世界最高峰の写真家集団である。戦地や、僻地の集落などにも赴き、「世界が直面している危機」や「多様性」を知らせるスタイルは写真にかける強い信念を感じさせる。代表者...
続きを読む | TT | 2010/1/16
[ 奥の思想 ]
名著「みえがくれする都市」の中に、槙文彦による、「奥の思想」という論文がある。日本人の都市や建築には、「奥行」が織り込まれているということを示した論文である。日...
続きを読む | TT | 2010/1/16
[ ミラノ中央駅 ]
ミラノ中央駅は北イタリアの鉄道網の結節点で、一日32万人が乗降する巨大ターミナルだ。(ちなみにjr大阪駅は42万人/日。)駅の構成はヨーロッパの代表的なターミ...
続きを読む | AO | 2010/1/13
[ ブリオン家の墓 ]
北イタリアの小さな町にあるブリオン家の墓(カルロ・スカルパ設計)を訪れた。それはまるで古代文明の遺跡のようなたたずまいをしている。コンクリートの経年変化で深みが...
続きを読む | ST | 2010/1/12
[ 成城タウンハウス ]
成城タウンハウス(妹島和世設計)を訪れた。街区の真ん中に建てられており、薄いピンク色のボリュームが住宅の間からちらちら見える。そのプランを見たとき、分譲マンショ...
続きを読む | ST | 2010/1/12
[ 森山邸 ]
森山邸(西沢立衛設計)を訪れた。住宅街に突如現れる分散したボリュームは意外にも街の風景に溶け込んでいる。薄い鉄板構造でできた壁と大きな窓からはプライバシーに全く...
続きを読む | ST | 2010/1/12
[ BIM ]
BIMとは「ビルディング・インフォメーション・モデリング」の略でコンピュータ上に作成した3Dモデルで建築デザイン、コストや温熱環境、建設のシミュレーションを統合...
続きを読む | ST | 2010/1/12