BIM

BIMとは「ビルディング・インフォメーション・モデリング」の略で
コンピュータ上に作成した3Dモデルで建築デザイン、
コストや温熱環境、建設のシミュレーションを統合的に行うことである。
構造設計や設備設計と3Dデータを共有することで、
バーチャルな建設を行うことが出来る。
BIMを建築設計に導入することは利点が多そうだが、
設計者として最も気になる点は、BIMによって新しいデザインが生まれるかである。

2次元CADでは表せない、あるいは作ることの出来ない3次元形態を
BIMによって作り出せることは、今後の建築デザインに少なからず影響を
与える要素になるだろう。

 

BIM  [ Jan 12 2010 by ST ]

 

BIM (abbreviated Building Information Modeling)
BIM means that the simulation of architectural design, cost, thermal environment and construction is to be conducted in combination by using 3Dmodel created on computer.
AS sharing 3D model data with structural design and facility design, a virtual construction can be executed.
Although it seems advantageous to introduce BIM into architectural design, what makes designers concerned about is whether or not new design can be produced by it.

   
If BIM can produce three dimensional form which cannot be made or produced by two dimensional CAD, its capability will affect more or less to architectural design in the future.
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | ST | 2010/1/12