東京の坂

東京の街には坂が多い。
一見ランダムに現れるこれらの坂は、川によってつくられたものである。
何本もの川が平野を複雑に流れ、地盤を深く削り込んだために、平野に何本もの切込みを入れた形状になっている。
従って、川底をたどるように進むと、坂を通らずに思いのほかに遠くまで行くことができる。
それは昔からある道であり、時にはそれは神社への参道であったりする。
ビルの立ち並ぶ現在では、歩いていてもその地形の全体像を感じることはできない。
人力で物を運んでいた時代では、地面の高低差が道路網を支配していた。
街は、このように歴史が層のように重ね合わさりできている。

 

SLOPES IN TOKYO [ Jan 16 2010 by TT ]

 

There are many slopes in Tokyo.
These slopes which appear at random at a glance were originally produced by rivers and streams.
A lot of rivers and streams flow on a plain complicatedly and bore the ground deeply, making the forms of many slits on the plain.
Accordingly, when proceeding along the riverbed, we can go unexpectedly very far without passing through the slope.
That is a path which has been kept remaining from ancient times and some-times it happens to be an approach to a shrine.
At present time when many buildings are jumbled up, we cannot be aware of whole images of topographical shape even when we are walking there.
At the time when people carried things by man-power, the undulation of the ground controlled a network of the roads.
Thus, the town has been built up by such an accumulation of histories like a layer.
六本木建築家

前へトップページ次へ | TT | 2010/1/16