奥の思想

名著「みえがくれする都市」の中に、槙文彦による、「奥の思想」という論文がある。
日本人の都市や建築には、「奥行」が織り込まれているということを示した論文である。
日本においては、歴史的な建物の中を歩いたり、あるいは都市の中を歩いたりする際に、
奥深い、秘めやかな場所へと向かっていく感覚がある。
京都の路地空間、密教寺院などに限らず、ごく一般的な寺や神社、昔の屋敷や民家などにおいても、
最も奥まった場所に、最も重要なものがあるという感覚がある。
このことは現在でも有効であるように思われる。

今でも、「隠れ家的なバー」などで表現することができる都市の奥まった部分にある秘めやかな空間を求めている。
アクセスしにくい、人に気付かれにくい場所。しかし気配があり、そこに価値が見出される。

 

THOUGHT OF DEPTH [ Jan 16 2010 by TT ]

 

In a famous book "City in sight and out of sight", there is an article titled "Thought of Depth" written by Fumihiko Maki.
This is an article showing that "Depth" is weaved into cities and architectures of Japanese people.
In Japan, when we walk in the historic buildings or in the cities,  we become to have a feeling that we are proceeding toward deep and mysterious place.
Not only limited to spaces among roads in Kyoto and to esoteric temples, but also in general temples, shrines, old residences and citizen's houses, etc., we have a feeling that that there is most important things in the deepest corner.
It seems that this feeling is still effective even at present.
Even now, I am looking for a secret space hidden in the deepest part of the city such space as can be represented by "Bar like a retreat."
We can find a value in such a place as not easily accessible, not easily noticeable by people but having some unique atmosphere.
神戸大阪建築家

前へトップページ次へ | TT | 2010/1/16