コープ・ヒンメルブラウ:回帰する未来展

先日、コープ・ヒンメルブラウの展覧会を訪れた。
脱構築スタイルの建築家として有名な彼らは、一方でインスタレーション作品も多く作っている。
それらは、芸術作品というよりは、彼らの設計のマニフェストとして機能している。
彼らは都市をインタラクティブなものとして捉えようとしており、近年では、都市を脳細胞のように見立てる試みをしている。
今回展示されていたのは、それを示す作品である。
それぞれの細胞が、それぞれの機能、傾向などを持っていれば、それに基づいて各々の細胞が相互作用し、細胞同士のネットワークが構築され、一定の秩序が生まれる。建築/都市の計画をそのように実践することができるのではないかという。

 

Coop Himmelb(l)au: Exhibition of Future Revisited [Mar 3 2010 by TT ]

 

The other day, I visited an exhibition of Coop Himmelb(l)au.
They, being famous as architects having style of Deconstructivism, are also creating many installation arts on the other side.
Those works are functioning as their manifests of making designs rather than as artworks.
They are trying to see cities as objects of interaction and, in recent years, they also are trying to regard cities as brain cells.
Those works that are exhibited this time show such things.
If each cell has respective function and tendency, based on which each cell interacts and constructs a network of themselves, bringing about a certain order.
I should say that architecture/city planning could be put into practice as such.
六本木設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2010/3/ 3