ミラノ大聖堂

ゴシック建築の傑作のひとつであるミラノ大聖堂は、約500年をかけて完成したという。
デザイナー達は最低でも10回以上は代替わりしているはずだ。
当初の構想ですべてをデザインしつくしたとは考えられないので、それぞれの代のデザイナー達が、それぞれに担当箇所をデザインしたはずである。中には職人まかせにした部分もあるかもしれない。
中に置かれている家具や絵画もまた、それぞれ別のデザイナーによるものである。
大聖堂は、それらの集積として、ひとつの建築にまとまっている。
このように幅広い年代の、多数の人が参加しながら一定の秩序が得られるのは、各人が、既存の文脈という価値観を共有していたからである。
できあがった建築の秩序の美しさは、執念ともいうべき絶対的な価値観そのものである。

 

MILANO CATHEDRAL [ Mar 3 2010 by TT ]

 

It is told that Milano Cathedral, one of the great masterpieces of Gothic architectures, has been completed all through about 500 years it had taken.
Architectural designers should have changed at least over 10 times during those years.
As it is unbelievable that all designs in the initial plans had been exhausted, designers of each generation might have designed those parts responsible for them.  Among them, there might have been     some who had left all works to artisans.
Each of furniture and paintings placed inside is the work by each separate designer.
Cathedral has been constructed as one unified architecture with an accumulation of those designs.
The reason why a consistent order can be obtained by participation of a lot of people during wide generations would be because each people shared the sense of values called established context.
Beauty of established order of architecture is absolute sense of values itself which should be called "persistency".
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2010/3/ 3