セシル・バルモント

東京オペラシティでの、「エレメント 構造デザイナー セシル・バルモンドの世界」展を訪れた。
数多くの現代建築を手がけている構造デザイナーであるが、今回は、氏の物事の捉え方に焦点を当てた展示となっていた。
自然の中に隠された数学的な法則や、数の不思議さを示す展示物を見ていると、ギリシャの哲学者のようなイメージが浮かぶ。
それらを元につくられる図形や立体は、複雑さをはらみつつ、根底にある考え方は純度が高い。
建築構造の既成概念を超えるために、数学、科学の原点に立ち返る姿を感じることが出来る。

 

CECIL BALMOND [ Mar 3 2010 by TT ]

 

I visited an art exhibition of "Element the world of structure designer Cecil Balmond" held at Tokyo Opera City.
He is a structure designer who handles many modern architectures, but  this time exhibition focused on how to seize all things.
Looking at those mathematical elements hidden in the nature and those displays showing the wonder of numerals, an image of Greek philosophers comes up in my mind.
Those figures and solid bodies created on the basis of those elements and his way of thinking lying at the bottom have a high purity, while having fill complicated things.
Since his element surpasses the established concept of architectural structure, we can feel an image going back to basics of mathematics and science.
六本木建築家

前へトップページ次へ | TT | 2010/3/ 3