ヴェルナー・パントン展

ヴェルナー・パントン展を訪れた。
プラスチックの一体成型による流麗なパントンチェアは有名だ。
展覧会では、パントンチェアの歴史にも触れられていた。
パントンチェアは、その美しいフォルムを実現するために、素材の限界に挑戦している。
そのため、新しい素材が世に出ると、それを使ってリモデルしたりしている。
モデルが変わるたびに、曲線の形やリブの入り方が少しずつ異なっている。
技術と美の拮抗するギリギリのラインを求めて、常に改善されていく椅子。
緊張感と優雅さは、その努力と技術の結晶なのだ。

 

EXHIBITION OF VERNER PANTON [ Mar 3 2010 by TT ]

 

I visited an exhibition of Verner Panton.
His very refined "Panton Chair" which was made with plastic as solid casting is famous.
At this exhibition, the history of Panton Chair was also referred to.
Panton Chair is challenging for the limits of materials in order to realize its beautiful forms.
For that reason, when new materials come into being in the world, he tries to remodel it.
Every time when the model changes, the shape of curved lines and the way of reaching ribs become to look different little by little.
That is a chair always being improved, seeking for the extremity of the line where technology and beauty come across.
Tension and elegance is a fruits of efforts and technique.
神戸大阪建築家

前へトップページ次へ | TT | 2010/3/ 3