集合住宅

海外の集合住宅を特集した本をみていると、
日本の現況と較べてうらやましく思う。
その本には、ファミリー向けの賃貸、分譲集合住宅が掲載されていたが、
いろいろな配置、プランがあり、いろいろなエレベーションがあった。
それぞれにキャラクターがある。
日本においては、新築のファミリー向けの集合住宅のほとんどが
2~3の類型に分類することができるだろう。
分類しやすいというのは、設計する際のいくつもの与条件のなかで、
多くの共同住宅に共通して、いくつかの条件が計画を大きく支配しているからだ。
そのひとつが供給者の視点での効率性だろう。
さまざまなモノがあふれている現代で、
共同住宅は専ら効率性を優先して供給されているというのは、
住環境として豊かであるとはいえない。

 

APARTMENT HOUSE [ Mar 3 2010 by AO ]

 

When reading a foreign book featuring the apartment houses abroad, I feel them enviable comparing to those in Japan.
In that book, those multiple dwelling houses for rent designed for families are published, and, there were various arrangements, plans, and many different elevations.
Each house has character of its own.
In Japan, almost all new apartment houses for families can be classified into 2 or 3 types.
The reason why such classification is easy should be because, among many conditions needed when designing, several common conditions for many apartment houses considerably control the planning of designs.
One of those conditions would be efficiency from the point of view from suppliers.
Today when various things are overflowing, the fact that apartment houses are being supplied by putting a priority exclusively on efficiency cannot be said that the living environment here is rich enough.
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | AO | 2010/3/ 3