アンコールワット展

世界遺産アンコールワット展が開かれている。
クメール美術の傑作が一堂に会する豪華な展覧会で反響が大きいようだ。
出品されている仏像群には日本の仏像とは異なる独特の雰囲気がある。
かの地では王が神格化される伝統があるようで、
現代の東南アジアの人々の顔立ちにもつながる特徴を持つ
像は当時の王の顔をある程度精緻に表現していると思われる。
柔和な顔立ちでやさしい微笑みをたたえている。
ナーガという蛇神が多くの像に取り込まれている。
台座のようなかたちでもちいられるそのモチーフと
なめらかな輪郭をもつ仏体は一体となって表現されていて、
独特の造形となっている。
仏像群に共通する非常にやわらかい表現が多くの人々を惹きつけるているのだろう。

 

Exhibition of ANGCOR WAT  [ Mar 10 2010 by AO ]

 

An exhibition of ANGKOR WAT, a world heritage, is now being held.
This is an exhibition where the best masterpieces of the Khmer arts get together and is apparently receiving considerable reputation.
Among the group of Buddha images exhibited there are Buddha having unique atmosphere being quite different from those Buddha images in Japan.
In that country, those seems such a tradition as King is defied and those Buddha images which have characters related to visages of people in today's South East Asia appear to precisely represent the faces of Kings in that era to some extent.
Their faces have gentle appearances with graceful smiles.
God of cobra called as NAGA is inscribed in many Buddha images.
Its motif is represented in one body, producing unique the plastic arts.
Such very soft expression as being common for a group of Buddha images may attract so many people.

建築家神戸

前へトップページ次へ | AO | 2010/3/10