先進スペイン

ガウディの有名な共同住宅、カサ・ミラのすぐ近所に、伊東豊雄事務所のリノベーション物件が完成した。
ファサードの波打つスチール板は明らかにカサ・ミラを意識したものだ。
不規則な曲線による現代的なデザインでありながら、同時にカサ・ミラへのトリビュートとしても成立している。
先進の建築様式は、技術や文化とあいまって常に変わり続けていくが、それでも歴史を受け継いでいくことはできる。
それを証明するような建築であり、これはかつてのポストモダンではない。

 

ADVANCED SPAIN [ Apr 11 2010 by TT ]

 

Just close to the famous apartment house, Casa Mila, designed by Gaudi,
the renovation building was completed by Toyo Ito's office.
Those corrugated steel planks on facade were designed apparently in consciousness of Casa Mila.
While it is modern design by using irregular curb, it, at the same time, plays a role of a tribute to Casa Mila.
Even though advanced architectural style is always changing in comply with technology and culture, it is possible for that style to inherit history.
This is such a building as proving that, and is not representing postmodernism prevailed before.
六本木設計事務所

前へトップページ次へ | TT | 2010/4/11