ジュリアス・シュルマン

建築写真家、ジュリアス・シュルマンは、ケース・スタディ・ハウスを撮影したことで有名な写真家だ。
工業化されたモダンな住宅が丘の上に建ち、はるか遠くに街の夜景を見下ろす写真は、ケース・スタディ・ハウスのイメージを決定付けたと言える。
彼の代表作は、ただの絵になる美しいだけの写真ではない。
その建築の本質だけでなく、その建築運動のマニフェストまでをも表現してしまう。
多くの建築家は、これらの写真から学んできた。
実物を知らないし、見たこともない人は少なくない。
 
JULIUS SHULMAN [ May 21 2010 by TT ]
 
Julius Shulman ,An architectural photographer, is famous for taking photographs "Case・Study・House"
It can be said that the photograph which shows an industrialized modern house standing on a hill, looking down the night view of a town far in distance defined the image of it.
His typical masterpiece is not a photograph only a beauty like a picturesque.
It expresses even not only architectural essence but also even manifest of architectural movement.
Many architects have learned from these photographs.
There are not a few architects who do not know the real things and have even never seen them.
六本木建築家

前へトップページ次へ | TT | 2010/5/21