インゼル・ホムブロイヒ美術館

インゼル・ホムブロイヒ美術館はドイツにある一風かわった美術館だ。
美術館についてのDVD付きの洋書が出版されている。
従来の美術館とは全く異なる。
広大な敷地の中に複数の箱型の展示棟が点在し、
自然の中を散策しながら、各棟をめぐっていく。
インテリアとエクステリアのギャップが鮮烈だ。
外観は入口以外に開口はほぼなく、
レンガ積みの外壁の箱型の建築は極めてそっけない。
内は大胆にとられたトップライトからの光に満たされた真っ白な空間で、
余計なものは何もない。照明すらない。展示物がただ置かれているだけだ。
内と外は入口の扉を介して唐突に接続されている。
緩衝空間などは存在しない。
また、展示棟は厳格に単純な幾何学によってのみ構成されていて、
あらゆるものが削ぎ落とされた即物的な建築だが、
それらは自然のなかで、ずっと以前からそこにあったように調和された風景の一部となっている。
端正なプロポーションと外壁のテクスチャーがすばらしい。

 

INSELMUSEUM HOMBROICH  [ Jun 23 2010 by AO ]

 

Inselmuseum Hombroich located in Germany is a somewhat strange museum.
A foreign book about this museum is published with attachment of DVD.
This is completely different from ordinary museums.
Within its spacious ground, there are plural exhibit buildings in shape of box dotted here and there. And, by strolling among nature, we can visit each building by turns.
A gap between interior and exterior looks so vividly fresh.
The exterior has a few openings except the entrance, the box architecture of brick masonry having outer wall looks extremely dry.
The inside of each building is a space in pure white color with full of light coming from a top light arranged daringly, and has nothing extra, even without any lighting fixture.
Only exhibits are just placed there.
The inside and the outside are connected abruptly only by an entrance door, without any buffer spaces.
Also, each exhibit building is strictly composed of only simple geometric structure and is a really materialistic architecture from which everything is taken off, but, they play a part of harmonized landscape as if they have been existing there among nature since long time before.
The dignified proportion as well as the texture of outer wall are splendid..

六本木+設計事務所

前へトップページ次へ | AO | 2010/6/23