2010年9月アーカイブ

[ 披雲閣 ]
特筆すべき空間には、近づけばすぐに伝わってくるオーラのようなものがある。高松城披雲閣大書院は、間口4間の主室、次の間、三の間とそれらを巡る一間の畳間、さらにその...
続きを読む | AO | 2010/9/22
[ 掬月亭 ]
日本建築の特徴に縁側のような半屋外空間が挙げられる。内と外の境界が西欧のそれと比べるとあいまいで、幾層もの弱い囲いによって内と外の関係がつくられている。高松は栗...
続きを読む | AO | 2010/9/ 8
[ 木造 ]
関東大震災、第二次大戦後の日本の都市の第一の目標は不燃化であった。現行の建築基準法法においても都市の不燃化のために多くのページが割かれている。それゆえ、街でみか...
続きを読む | AO | 2010/9/ 1