犬島製錬所

犬島アートプロジェクト「製錬所」(三分一博志設計)を訪れた。
約100年前に建てられ放置されていた銅製錬所の廃墟を
アートスペースに改修したものである。
古い部分と新しい部分がうまく混ざり合い独特の深みのある空間となっている。
室内は井戸の中のように夏は涼しく、冬は暖かくなるよう設計されている。
「地球のディテールの一部としての建築で、環境との共生を具現化したもの」という
氏の言葉どおりうまく環境に共生された建築といえる。

 

INUJIMA REFINARY  [ Nov 9 by ST ]

 

I visited the Inujima art project「refinery」(designed by Hiroshi Sanbuichi).
This was renovated to an art space from the ruins of a cupper refinery which had been built 100 years ago and has been left unattended.
It has now become a unique space having depths, with a good mixture of old and new sections.
The inside of the space is designed so that it is as cool as a well in the summer, and that it is warm in the winter.
This art space can be said to be an architecture well coexisting with     environment, just as Sanbuichi stated that「This is an architecture as part of the geography embodying the coexistence with environment」
神戸大阪設計事務所

前へトップページ次へ | ST | 2010/11/ 9