防犯優良マンション

防犯優良マンションは「防犯に配慮した共同住宅に係る設計指針」を踏まえ策定したもので
物理的に防犯性を高めたマンションである。
敷地は高い塀で囲われ、いたるところに防犯カメラが設置される、どこか冷たい印象である。
昔は近隣同士で助け合い、声を掛け合ってその地域の防犯性を心理的に保っていた。
せっかく集まって住まうのだから、マンション内でのコミュニティーを図りたいところだが、
日本の建築基準法がそれを阻害する。
残念ながら、海外でやるしかなさそうだ。
六本木建築家

前へトップページ次へ | ST | 2011/3/25