プレハブ

日本の建築で、S造は少なくないシェアを占めている。 とりわけ戸建住宅や低層アパートといったプレハブ住宅の占める割合が大きい。 戦後急速に成長した建築市場と低迷からの再興を目指す鉄鋼業がうまく噛み合い、 工業化というシステムが住宅供給を担った。 しかし、プレハブ業界は、そこに大きなミスを犯してしまった。 それは、一建築としての意匠や機能や空間を普遍性の追求によって、つくられたものではないという事。 その、最も重要な「どうあるべきか。」という哲学無くして、理想の建築は建たない。
神戸+設計事務所

前へトップページ次へ | SF | 2011/12/22